妄想好きの庵

妄想好きのマッタリラがイラストを晒したり 妄想話を語る場所です

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想インタビュー 龍宮真名編

今日は龍宮をピックアップ


龍宮隊長の日々の生活が明らかに



※スレッドテーマが何故か魔法先生ネギまにしてもアイドルマスター XENOGLOSSIAに戻ってしまうバグが発生しております
ご了承おねがいします




マッタリラ「今日は龍宮にインタビューするから、よろしく」>



龍宮「ああ、よろしく」



マッタリラ「それじゃあ、さっそく質問、HN朱鴉さん、ストレートに聞こう!龍宮さん、あなたは何者なのですか!?」



龍宮「それは教えられないな」




マッタリラ「え~!、頼むよ、どんな小さなことでもいいからさぁ、お願い!」




龍宮「……しょうがないな………私はただの人間では無い……それだけは言っておこう」



マッタリラ「えー、それだけ?」



龍宮「私は自分の事を他人に教えない主義でな、それに秘密を教えない方がそっち側としても推理できて面白いだろ?



マッタリラ「まぁ、確かにそうだけど……ヒントが少なすぎますよ」



龍宮「じゃあもう一つだけヒントをあげよう、魔眼、これがヒントだ」



マッタリラ「ふむ……後でゆっくり考えてみよう、それじゃあ次の質問、HN米神さんからの質問、龍宮さんあなたはジャ○プの家庭教師ヒットマンとお知り合いですか?




龍宮「いや、全く知らない、一体どうゆう奴なんだ?」




マッタリラ「俺も詳しく知らないんですけど、その人(?)は、とある普通の中学生をマフィアのボスにするために、家庭教師をやってるらしいですよ」




龍宮「ほう……マフィアの家庭教師か……面白いな、そいつの銃のウデは?」




マッタリラ「結構凄いらしいですよ、なんでも早撃ちのタイムは0.05秒以下だそうです」




龍宮「ふむ、ますます面白い、そいつとは一度戦ってみたいな……」




マッタリラ「もし戦ったらいい勝負かもしれないですね、それでは次の質問、HN夜空さんからの質問、アニメで裕奈に「銃触らして」といわれましたがどう思いました?




龍宮「銃に興味を持つのはいいことだが、モデルガンで止めとくべきだと思ったな、それに私の銃に触っていいのは、私だけだしな」




マッタリラ「まぁ、確かに一般人は銃は触らせるべきじゃないですね、それに万が一故障したらシャレにならないですからね」




龍宮「まぁ、私は銃が故障してもすぐに直せる自信があるんだがな」




マッタリラ「おお、さすがですな、でも戦地で壊れたら直す時間ないですよね?」




龍宮「そういうときは、その辺の物を代用する、私は遠距離攻撃のスペシャリストなんでね」




マッタリラ「おお、カッコイイ!、それでは次の質問、HN灸さんからの質問、隊長にとってお金より大切な物はあるのでしょうか!?」




龍宮「もちろんあるさ」




マッタリラ「それは一体?」




龍宮「自分の命さ、命が無かったら何も出来ないからな」




マッタリラ「確かにそうですね、命が無ければお金も稼げませんからね」





龍宮「ところでマッタリラは何か大切な物はあるか?」





マッタリラ「そうですね……僕も今のところは命ですね、その次に守りたい人ですかね」





龍宮「その守りたい人は女の人か?」





マッタリラ「そうですよ」





龍宮「そうか……一つ聞きたいんだが……私にも守りたい人とかできるだろうか?」




マッタリラ「……きっとできますよ、人には必ず守らなきゃならない人がいますから」





龍宮「……君の言葉を聞いたら少しだけ安心したよ、ありがとう」




マッタリラ「いえいえ、それでは次の質問、同じく灸さんからの質問、隊長はどこで銃を買ったのでしょうか!?




龍宮「アメリカとかで買うこともあるし、自分で作ることもある」




マッタリラ「龍宮さん、銃作れるんすか!?」




龍宮「まぁ、ちょっとお遊び程度にな、まぁ大概は失敗作なんだがな、だがたまに市販の物より、出来が良いのが作れることもある」




マッタリラ「すごいっすね、どうやって作るんすか?」




龍宮「色々な方法で作っているな、主にジャンクになった銃の部品を組み合わせたりして作っている」




マッタリラ「へぇ、すごいっすね、それでは次の質問、同じく灸さんからの質問、本当にエアガンなのでありましょうか!?あとマッタリラさんを撃ち殺さないでくださいってお願いが来てるよ」





龍宮「マッタリラが不審な行動さえしなければ撃たないさ」



マッタリラ「だ、大丈夫ですって(こえーよ)、そ、それで……本当に龍宮の銃はエアガンなのですか?」




龍宮「エアガンだよ」




マッタリラ「どうみても本物にしか見えないんですが」




龍宮「改造エアガンだからそうみえるだけさ」




マッタリラ「ああ、納得(エアガン改造して本物の銃を作ったんでしょ……なんて言えねーよ)、改造エアガンは本物の銃と同じくらい殺傷能力があるっていいますしね」




龍宮「そうゆう事だ、まぁ私の改造したやつは、本物より優れてる物もあるがな」




マッタリラ「す、すごいっすね……、それでは次の質問、HNヤッチさんからの質問、好きなタイプはありますか?」




龍宮「私はあまり男に興味が無いのだがな……好きなタイプがあるとしたら必ず約束を守るやつがいいな」




マッタリラ「なるほど、理由は」




龍宮「裏切らないからだな、私は裏切り行為が一番嫌いでね、だから約束を守るやつなら安心して一緒にいられるな」




マッタリラ「確かに裏切り行為は俺も一番嫌いだな、しかし裏切らないやつを見つけるのはなかなか難しいですよね」




龍宮「私は人をみる目があるから、すぐに誰が信用出来て、誰が信用出来ないかわかるよ、ネギ先生なんかはもっとも信用しやすいな」




マッタリラ「まあ、ネギ君程信用できる人間はいないですよね、あ、ヤッチさんがダジャレの採点をしてほしいそうです、
「下着会社から手紙届いたよ」
「誰から?」
「父宛《乳当て》」




龍宮「10点」




マッタリラ「こいつは厳しい判定ですね、理由は?」



龍宮「少しわかりにくいな、ただ父宛と乳当てをかけた発想はとても面白いと思うぞ、これからもダジャレ修行頑張ってくれ」



マッタリラ「今度は龍宮さんを笑わせるように頑張ってくださいね、それでは次の質問、HN有紀さんからの質問、銃はどのくらい持ってるのですか?



龍宮「大体10丁くらいかな」





マッタリラ「どんな種類があるんですか?」




龍宮「ハンドガン、ライフル、ショットガン、サブマシンガンなどがあるな」




マッタリラ「凄い…、よく手に入りましたね」




龍宮「まぁ、私にはいろんな入手ルートがあるからな」




マッタリラ「さすが裏の世界の人ですね……しかしよくそんなに銃を買えますね、お金とか足りるんですか?」




龍宮「私は常に仕事とかで報酬金を貰ってるからな、その辺は問題無い」




マッタリラ「なるほど……やっぱ龍宮隊長は凄いっすね、それでは次の質問、HNねこまるさんからの質問、お気に入りの銃はなんですか?




龍宮「デザートイーグルだな、あれが一番手に馴染む」




マッタリラ「長い間使ってるんですか?」




龍宮「ああ、使ってから4年になる、私の相棒みたいなものだ」




マッタリラ「なるほど……それで数々の戦地を駆け抜けてきたんですね」




龍宮「その通りだ、私は何度も相棒に命を助けられた」



マッタリラ「とても大切な銃なんですね、それでは次の質問、同じくねこまるさんの質問、ネギのことを気に入っているようですが、戦ってみたいですか?



龍宮「ネギ先生とは一度戦ってみたいな」




マッタリラ「勝てる自信ありますか?」




龍宮「さあ?、戦ってみないとわからないだろうが……おそらくいい勝負になるだろうな」




マッタリラ「なるほど……彼の強さを認めてるんですね」




龍宮「ああ、ネギ先生は強い、おそらく彼は目標とか信念を持ってるのだろう、それが強さの源だと思う」




マッタリラ「確かに目標や信念を持ってる人は努力をしますからね、強いのも納得です、それでは次の質問、HN AYU☆さんからの質問、刹那とは仕事仲間らしいですが、仕事中はどんな感じですか?」



龍宮「必要以外の事は全く喋ってないな」




マッタリラ「仕事に余計なことは不必要ですからね」




龍宮「ああ、余計なことをやってたら命を落としかねないからな」




マッタリラ「やはりそれだけ危険なことをやってるんですか?」




龍宮「ああ、とても危険さ」




マッタリラ「中学生なのにそんな仕事をやってるなんて凄いですね、そういえば仕事中に危険が迫ったら刹那と助け合ってるんですか?」




龍宮「助けられるときは助ける、助けられないときは置いていく、それが私達の鉄則でね、まぁ刹那は滅多にドジはしないがな」




マッタリラ「なるほど、刹那は頼れる仲間なんですね、それでは次の質問、同じくAYU☆さんからの質問、あんみつの良さを一言で!




龍宮「あのカンテンと黒みつのコラボレーションがとてもたまらないな」



マッタリラ「やはりカンテンと黒みつが絡むと、とても美味しいですよね、ところであんみつは週何回食べてるんですか?」




龍宮「毎日食べてるよ」




マッタリラ「毎日!?、飽きないんですか?」




龍宮「毎日違う店のを食べてるから全く飽きないな」




マッタリラ「そ、そうなんですか、それでは次の質問、HN昴さんからの質問、出身国はどこですか?




龍宮「それは私にもわからないんだ」




マッタリラ「えっ!?、どうしてですか?」




龍宮「私が物心つく頃には親はいなかったからな……」




マッタリラ「……親は死んだんですか?」




龍宮「死んではいないよ、親の知り合いから聞いたんだが親は世界中を飛び回り苦しんでる人々を助けているらしい、ただ……」




マッタリラ「ただ?」




龍宮「全く連絡取れないんだよ」




マッタリラ「……心配ですか?」




龍宮「いや、心配じゃない、私の親は死ぬような人間じゃないと親の知り合いに散々聞かされたからな」




マッタリラ「そうですか……、いつか連絡が取れるといいですね、それでは次の質問、同じく昴さんからの質問、今、どれくらいお金もってますか?



龍宮「大体3000万程もってるよ」



マッタリラ「すごっ!?、全部自分で稼いだんですか?」




龍宮「そうだよ」




マッタリラ「いや~、ホントにすごいっすね……このお金は今後どう使うんですか?」




龍宮「銃とあんみつに使おうと思っている」




マッタリラ「銃はわかりますが……あんみつどんだけ食べるんですか!?」




龍宮「全国のあんみつを食べつくそうと思っているよ、私のちょっとした野望なんでね」




マッタリラ「す、凄い野望ですね、それでは最後の質問、HNなっかさんからの質問、今まで請け負ったクライアントからの依頼で1番危険だった任務は何ですか?」




龍宮「巨大な鬼みたいな化け物を倒す仕事が一番危険だったかな」



マッタリラ「どんくらい大きかったんですか?」



龍宮「6~7メートルはあったよ」




マッタリラ「でかっ!、大丈夫だったんですか?」



龍宮「いや、私は重傷のケガを負ってしまってな、帰ってきた頃には倒れてたよ」



マッタリラ「うわぁ……よく生きてましたね………そういう仕事やってて死ぬのが怖くないんですか?」



龍宮「全然怖くないな、死ぬのはある程度覚悟している」



マッタリラ「……やっぱり龍宮隊長は凄いですね、尊敬しますよ、それでは今日の取材はこれで終わりです、お疲れ様でした」




龍宮「ああ、お疲れ様」






ここでお知らせ~
超への質問のお便りを募集してます
質問受付時間は明日の17時30分までです
質問はコメント又はweb拍手に書いてください
     質問まってます
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://akiratobztonegima.blog85.fc2.com/tb.php/139-882a7d13

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

こんばんわ~、あしゅです。

やっぱかっこええな

質問:
やっぱりクーフェイ達には会いたい・・よね?

  • 15/04/2007
  • あしゅ ♦pHaCXMuM
  • URL
  • 編集 ]

毎回お疲れ様です。

質問は
火星ってどんなとこ?でお願いします。

  • 15/04/2007
  • ジョン ♦-
  • URL
  • 編集 ]

超に質問。
「3-Aのみんなとの生活と学園祭の計画。ホントに大事だったのはどっち?」

魔眼…はっ!隊長、まさかあなたは…サリエルの申し子!?(わかんない場合は、Wikiで調べるか忘れてください。)

  • 15/04/2007
  • 朱鴉 ♦tXYsQrvE
  • URL
  • 編集 ]

龍宮隊長かっけぇ・・・.゚+゚(*'ω'*)゚+゚.

超への質問
肉まん以外で好きな食べ物は~?

  • 15/04/2007
  • ワルスキー ♦qOUDd2Qg
  • URL
  • 編集 ]

やっぱり、龍宮は厳しい判定ですね~
自信満々だったのにな!今度こそ頑張るぞ
超の質問は、これからの目標はありますかhttp://blog85.fc2.com/image/icon/e/3.gif" alt="" width="14" height="15">

>あしゅさん
カッコイイですね~

>ジョンさん
火星ってどうなっているんでしょうね?

>朱鴉さん
すまん!
わからないから忘れます!

>ワルスキーさん
龍宮隊長はみんなのあこがれです

>ヤッチさん
ダジャレ修行頑張ってください!

  • 15/04/2007
  • マッタリラ ♦ZKdzss6o
  • URL
  • 編集 ]

龍宮隊長・・・・あんなにお金が・・・・

超への質問は「ネギま!?の肉まんのなかに肉まん・・・ってどうやって作ったんですか?」でお願いします  アレは超じゃないと作れない代物ですよね

  • 15/04/2007
  • 有紀 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

超への質問
「タイムスリップしたのにパラレルワールド起きるものなのになぜならないのですか?」

  • 16/04/2007
  • 米神 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

昴です!
龍宮隊長カッコイ~~~!!!!!
全国のあんみつを・・・
龍宮隊長なら出来そう・・・
でもなんか龍宮隊長が
あんみつ食べてたらなんか怖いような・・・
超へ質問
あしゅさんとちょっとかぶるってるかもですが・・・
古菲にもおなじ質問したので・・・
「古に会えるとしたらどうしますか?」
ではでは~

  • 16/04/2007
  • 昴 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>有紀さん
少し分けてほしいですよね

>米神さん
ちゃんと聞きたいと思います

>昴さん
きっと龍宮隊長は笑顔であんみつを食べてるんでしょうね

  • 16/04/2007
  • マッタリラ ♦ZKdzss6o
  • URL
  • 編集 ]
あんみつを横取り

あんみつを食べている龍宮隊長からあんみつを横取りしようとしたら銃で脅されるか蜂の巣のどちらかですね。最も取れる度胸があればの事ですが。

  • 16/04/2007
  • 前田早苗 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

隊長・・・アメリカで買ってるっつったけど密輸!?犯罪じゃん!おいおい・・・・

>前田早苗さん
そんな度胸のある人はいませんね

>灸さん
学園長公認だから犯罪じゃ無いのかもしれません

  • 17/04/2007
  • マッタリラ ♦QBxLGCm6
  • URL
  • 編集 ]
龍宮隊長の寝込みを襲うのは至難

今日、ネギまの18巻を読みました。超が未来に帰って生徒名簿から消滅後の話ですが、龍宮隊長は目を瞑って机に座ってましたね。

その時に挨拶代わりに龍宮隊長に近付いてマシンガン等を頭に突き付けたら即座に反応してカウンターでピストルを抜いて撃ちますね。

龍宮隊長にはどんな強力な睡眠薬を飲ませるか注射しても無駄ですね。

題名は忘れましたが、ドラマにて女医さんがしつこくて嫌な患者で昔の彼氏が夜中寝静まった時に寝込みを襲って注射器に猛毒薬を大量に詰めてそれで薬殺するシーンがありました。

しかし、龍宮隊長の場合は寮にて寝込みを襲うとしても例え強力な酒や睡眠薬でもそう簡単には行きませんね。

忍び寄って包丁で刺すか銃殺か注射器で薬殺しようとしたら例え寝ながらでもDQ4の中ボス「エスターク」同様反撃を仕掛けて来ますから。

恐らくライフルかピストルをすかさず装備して額に突き付けるかその場で発射しますね。

昔、現実にあった事件ですが、愛知県にてしつこく苛めていた中学生が集団で病院まで来て苛めようとしましてね。

まあ、結局は入院患者に撃退されて摘み出されて110番通報して別の警察に補導されて少年院に送られましたが。

龍宮隊長なら例え病院に入院する羽目になっても平気ですね。寝込みを襲われれば副業は巫女でも本業は殺し屋で銃器類の達人なので即座に反撃に出ます。自分から襲う事は無くても敵襲に遭った時は容赦しませんから。

  • 26/04/2007
  • 前田早苗 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>前田早苗さん
寝込みを襲う勇気があるやつを見てみたい……

  • 28/04/2007
  • マッタリラ ♦ZKdzss6o
  • URL
  • 編集 ]
宝箱を開けさせるなら龍宮隊長が最適

龍宮隊長って罠を仕掛けたり射撃の抜群な腕に桁外れな高身長に「不意打ちされたら反撃する」って条件反射を兼ね備えているならばダイナマイト・ハブ・有毒ガス・落とし穴・魔物・スパイク・アロー等の罠の仕掛けられた宝箱でも茶々丸よりも性格に見破れて罠も外せるのではないでしょうか?

龍宮隊長は盗賊で言えば宝箱のトラップ解除の達人ですね。視力は魔眼の為に両目とも2.0超なので宝箱の中身も見えるから宝箱を開けさせる場合は龍宮隊長に開かせるのが一番です。

又、宝石等のプレートを嵌めるかナンバーロック式等のバイオハザード・パラサイトイヴの仕掛けも龍宮隊長に任せるのが一番です。

宝箱や扉の向こうに罠や敵が待ち伏せしていたら即座に条件反射で反撃してくれるから心強いです。

それと龍宮隊長に宝箱を開けさせると武器防具アクセサリーが入っているとしても凄いレア物が入っている気がしてなりません。

  • 02/05/2007
  • 前田早苗 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>前田早苗さん
龍宮の魔眼なら罠を見破れそうですね

  • 02/05/2007
  • マッタリラ ♦ZKdzss6o
  • URL
  • 編集 ]
中学生では通用しない

隊長と楓は高級クラブやホテルに1人で外泊する事は可能でも映画館では学生証を見せても中学生料金では通用しませんね。

まあ、あの184cmと181cmの体では中学生としても留年していると見られても仕方が無いです。相変わらず不意に声掛けられた時に銃を突きつける癖は直ってません弟子がね。

あれで就職して会社のリストラで上司に肩を叩かれたらその場で発射しちゃいますね。

  • 16/05/2007
  • 前田早苗 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>前田早苗さん
でしょうね

  • 16/05/2007
  • マッタリラ ♦ZKdzss6o
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。