妄想好きの庵

妄想好きのマッタリラがイラストを晒したり 妄想話を語る場所です

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守るもの守られるもの7

やばい・・・
設定がだんだんまとめられなくなってきた


しかもグダグダ



それでは本編は続きからどうぞ







あの襲撃事件から数日後
それから事件という事件は起きていなかった
そのことに俺、宇門雫は不安を隠せないでいた
――ここ最近動きがない・・・何が準備でもしてるのか?、だとしたら早急に奴らを見つけ出さなくては・・・
チラっと横を前方を見た
そこには数日前に戦った煉がいる
――協力してもらうべきか?・・・おそらくあいつも犯人を捜したいと思ってるだろうし
雫はそう思っていた
「では次に教育実習生の紹介をします、葛住健先生、自己紹介をお願いします」
そうするといかにも体育会系の男が出てきた
「はじめましてみんなー、今日から2週間みんなと過ごすことになった葛住だ、よろしく!」
威勢のいい声で自己紹介を終えた
「続いた舞浜順子さん、お願いします」
するとかなり若く、そして小さな女の人が前に出て
「は、はじめまして、今日からみなさんと一緒に勉強することになった舞浜です、そ、その失敗が多いかもしれませんがよろしくお願いします」
緊張してるのかところどころ噛んでいた
そして階段ではこけていた
「では最後に中山蓮花さん、お願いします」
するとかなり背の高い女の人が前にでた
一言でいうならナイスバディー
この言葉がよく似合う
「初めましてみなさん、今ご紹介にあずかりました中山です、よろしくお願いしますね」
中山はきちんと挨拶をすると元の場所へ戻った
「では今日の朝礼をこれで終わります、各自解散」
そういうとあたりの生徒はぞろぞろ歩き出した
すると
「あの教育実習意・・・なんか怪しくないですか?」
と横から声が聞こえた
声のした方向を向くとそこには煉が立っていた
「確かに教育実習生と偽ってここに潜入した可能性はある、用心はするべきだな」
雫がそういうと煉はうなずいた



一方同時刻
女子中等部の朝会でも1人の教育実習生の紹介がされていた
「初めまして!、ルシアン・アルビオンです、まだ未熟者ですが、よろしくお願いします」
ルシアンは元気に挨拶をした
「ルシアン君は3―Aに所属してもらうから、みんな仲良くするんじゃぞ、それではこれで朝会を終わりにする、解散」
学園長がそういうと生徒のみんなは教室へ戻っていった
「ふぅ・・・まさかあんなに自己紹介が緊張するものだとは思わなかったな」
心臓に手をやると鼓動がいつもより早くなってるのがわかる
「ふぉふぉふぉ、ルシアン君でも緊張することはあるのじゃな、おっとネギ君が来たようじゃな、それじゃあ頑張りなさい」
そういい学園長は去っていき、代わりにネギが現れた
「おーい、ルシアン君!」
ネギが手を振りながら近づいてくる
それに応えるようにルシアンもネギに近づきながら手を振る
「今日から先生だね、よろしくねルシアン先生」
「おいおい、先生ったって少しの間だけだぞ、それに目的は別にあるしな」
「そういえばそうだったね・・・おっともう行かなくちゃ、それじゃあルシアン先生、僕についてきて」
そういうとネギは歩き出した
ルシアンはそれについていった



しばらくして



「はぁ~、ここが教室かぁ」
ルシアンが思わす言葉を漏らす
「ルシアン君もしかして緊張してる?」
ネギはルシアンの顔を覗き込みながら言った
「そりゃな、こんなこと体験したことないからな」
「僕も最初はそうだったなぁ・・・それじゃあ中に入ろうか」
そういいネギはドアを開けた教室に入った
ルシアンも同じく教室に入った
3―Aの生徒達が一斉にルシアンに着目する
「起立、気をつけ、礼、着席」
日直が終わるとネギが話し始めた
「みなさんおはようございます、今日は最初にさきほども紹介しましたが、改めて教育実習生の紹介をしたいと思います、それではルシアン君、お願いします」
ルシアンは前に出て
「改めましてみなさんはじめまして、ルシアン・アルビオンです、年齢は16歳です、よろしくお願いします」
ルシアンの自己紹介が終わると生徒達が一斉にルシアンを取り囲んだ
「えっ!?、え?、あの・・・」
ルシアンは突然の出来事に戸惑う
「すっごーい、私達とそんなに歳変わらないのに先生だなんて」
鳴滝風香が驚いたように話す
「いえ、先生と言ってもまだ教育実習生ですので本当の先生では無いですよ」
と説明した
「でもそれでも16歳で教育実習生だなんて凄いです」
のどかが尊敬の眼差しでルシアンを見つめる
(なんか、このクラス凄いなぁ・・・噂には聞いてたけど正直ビックリだ)
と思った
そして後ろの席に座ってる長谷川千雨は
(ふーん、16歳で教育実習生か・・・まぁ、あのガキよりはありか・・・って何言ってんだ私!、16歳でも充分オカシイだろ!、やべぇ・・・現実感覚がマヒしてやがる)
と思っていた



放課後

「じゃあね~ネギ先生、ルシアン先生」
クラスの生徒達が帰っていく
そんな中、残るクラスメイト達がいた
刹那に明日菜に、それに夕映だった
実は刹那と明日菜には残るように指示したのだったが夕映には言っていなかった
「あれ?、夕映さんどうしたのですか?」
「聞きたいことがあるです、これは推測ですが・・・このクラスメイトの誰かが狙われてるんですね?」
夕映はネギの目を見ながら言った
「ゆ、夕映さん!、何でそれを!?」
一同の目が夕映に注目する
「どうやら図星みたいですね、実は最近起きてる殺人事件、そして古菲さんが誰かに襲われた事件、これらの事を聞いたときに不自然さを感じてました、何故ならこれらの事件は人通りの多い場所にもかかわらず大胆な犯行、そして目撃者は0、古菲さんの事件のときも部室の通り道でおきた事件でした、あの場所だと隠れて犯行を行うのは無理です、他の事件もそうです、この犯行を行うには何か特殊な力を使うでもしなきゃ無理です、この前刹那さんに聞いた人払いのお札みたいなものを使ったんじゃないかと私は考えてるです」
ここで夕映は一旦言葉を区切った
「す、すごい・・・でも何でこのクラスメイトの誰かが狙われてるのがわかったんですか?」
「ルシアンさんが教育実習生として3―Aにやってきたからです、おそらくネギ先生と知り合いということはルシアン先生も魔法使いなのでしょう、そしてルシアン先生がこのクラスにわざわざ来たのはおそらくこのクラスメイトが誰かに狙われているから・・・違いますか?」
すると今度はネギとルシアンの両方に顔を向けて言った
「すごいな・・・教えてないのにここまでわかるとは」
ルシアンは思わず感嘆の声をあげた
「ところで一つ聞きたいんだけど・・・なぜくーちゃんが襲われたの?」
明日菜が続いて質問をした
「おそらく強い人を一人一人やっつけてしまった方がターゲットを狙いやすいからでしょう、でも古菲さんは強かったから気絶と全身の傷だけですみましたけどね、・・・このことから一つわかることがあるです、狙われてるのは自分では身を守ることができない人ですね、一体狙われてるのは誰なんですか?」
「それは私も聞きたいです、一体誰が狙われてるんですか?」
「一体誰が狙われてるのよ?」
刹那も明日菜も狙われてる人物は誰か気になるようだった
「木乃香さん、そしてもう1人アキラさんです」
この言葉に明日菜、刹那、夕映は驚いた
「お嬢様が・・・!、それに何でアキラさんが・・・?、お嬢様は魔力があるから狙われるのはわかりますけど何故アキラさんまで?」
「詳しいことはわかりません・・・ですが何らかの理由でアキラさんが狙われています」
ネギはそう言った
「それでお願いがあります、刹那さんは木乃香さんを、明日菜さんは放課後になるまでアキラさんを護衛してくれませんか?」
「もちろんです、ネギ先生」
刹那は快く頷いた
「わかったわネギ!、でも何で放課後までなの?、その後も見張らないとアキラを守る人誰もいなくなるわよ?」
明日菜は疑問をネギにぶつけてみた
「アキラさんには実は護衛がもう一人ついてるんです、ですがその護衛の人も学生なので放課後にならないと護衛ができないんです、ですので明日菜さんにはその人が護衛できない時間帯をやってほしいのです」
「わかったわネギ!、絶対アキラは守ってみせるわ!」
力強く頷いた
「あのネギ先生・・・私にも何かできることはありますですか?」
するとネギ先生は少し考えた後
「ごめんなさい、今回は夕映さんに出来ることは無いんです、それにかなり危険ですので、でもその気持ちはすごく嬉しいです、ありがとうございます」
すると夕映「そうですか・・・」と残念そうな顔で呟いた
「ぞれじゃあネギ君、僕は調査へ行ってくる、みんな気をつけなよ」
そういってルシアンは教室を去っていった




次回の更新はかなり遅くなるかもしれません
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://akiratobztonegima.blog85.fc2.com/tb.php/179-e0b07f7c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

ネギ、久しぶりに登場!小さい教育実習生って、もしかしてゴードですか?ゴードって設定では、男ですよ。

  • 31/07/2007
  • 生野菜 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>生野菜さん
いえ、これはただのエキストラキャラみたいなものですww

  • 01/08/2007
  • マッタリラ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。