妄想好きの庵

妄想好きのマッタリラがイラストを晒したり 妄想話を語る場所です

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守るもの守られるもの ラスト

かなり無理矢理な結末です

マッタリラの能力が無いばっかりに・・・・いやほんとスイマセン








「はぁはぁ・・・・・・」
雫は息を切らせながら匂坂を睨む
「どうした?、もうお終いか?」
一方の匂坂は余裕の顔をしている
「まだだ!、はあああああああああああああああ」
カキンっ
刃と刃がぶつかり合う音が聞こえる
そしてお互いが吹っ飛ばされる
「くっ・・・・・・こうなったら・・・・」
雫は一旦刀を仕舞い居合いの抜きの体勢をとった
「ふっ・・・無駄なことを」
匂坂は相変わらず余裕な顔をしている
「いつまでもそういられると思うな・・・・・神・・・・・・斬!」
ガキン!!
「なっ、受け止められただと!?」
「ふんっ・・・軽いわ」
ぶぉん
匂坂が雫を鎌で思いっきり吹っ飛ばす
雫は壁に叩きつけられてしまい気絶する
「雫君!」
後ろに隠れていたアキラが慌てて駆け寄る
「雫君、雫君」
アキラの目から涙がこぼれる
その涙が雫の顔にもかかる





―――なんだろ・・・・・・誰かが呼んでいる・・・・・・・誰?・・・・・なんだろ・・・・・・暖かい・・・・・・?、冷たい液体・・・・涙・・・・・・アキラ姉ちゃん!?、こんなとこで寝てるわけにはいかない!
雫は目を開け、アキラの首を落とそうとする匂坂を居合いで吹っ飛ばす
「なっ!?」
今度は匂坂が壁に叩きつけられる番だった
「急に力が・・・・あがっただと・・・・?、これがヤツの力なのか・・・・だが私はそんなものに屈しない!」
匂坂は直ぐに鎌を構え雫に切りかかった
だが雫はその一撃を避け脇腹に一撃をいれる
「ぐわっ!?、さっきと動きが違うだと、いくらヤツの力があったとはいえこの力は尋常ではなさすぎる!、なにが・・・なにがヤツをそこまで、恨みか、憎しみか」
「大事な物を守るためだ・・・・・・」
「なんだと?」
「あんたにはわからないだろう・・・・・」
「ふん、そんなもの・・・くだらん・・・そんなもの我が鎌で貫いてくれる!、これで終わりだ」
「だったら貫いてみな・・・・・、終わるのはお前だ」
「はぁぁぁぁぁぁぁぁ」
「でいやぁぁぁぁぁ」







勝負は決した

「くっ・・・・」
雫はひざをついた
「だからいったろう・・・まもるもの・・・など・・・くだら・・・ないと」
匂坂の胸には刀がが刺さっていた
一方の雫は脇腹を軽く切られただけですんだ



「雫君!」
アキラが駆け寄る
「よかったぁ・・・・・雫君が無事で・・・」
アキラは泣きながらも安堵の笑み浮かべる
(ああ・・・・俺はこの笑顔を守れたんだ・・・・・・よかった・・・)
雫は満足そうな顔をして気絶した







あの後
匂坂の死体は消えてしまった
いや死んでなかったのかもしれない
雫はアキラを守るため
そしてアキラに「行く当てがないなら麻帆良に通ったらどう?」
という誘いもあり
今は麻帆良に通っている
以前に比べ笑みも増え
友達もそれなりに出来ていた
そして修行も欠かさずに行っていた


―――――アキラ姉ちゃんを守りたい
その一心で・・・
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://akiratobztonegima.blog85.fc2.com/tb.php/208-f7dd3f37

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。